見出し画像

店舗での購買体験をエンターテインメントに|Kerr & Kroes

【一言で言うと】バーチャル試着やフォトジェニックな店舗設計で店内での買い物体験を重視した新感覚ストア

基本情報

主に展開する国:中国
設立:2018年
店舗数:-
ジャンル:アパレル・スポーツ
売上高:-

なにが特徴か

上海迅搜実業有限公司傘下のブランドKerr&Kroesは、アリババと連携し、顧客体験を重視したアパレル店舗「Kerr&Kroes 天猫智慧門店」を2018年7月にオープンした。AR技術を活かしたスマート試着鏡(智慧試衣鏡)や写真映えするインテリア等を店舗内に取り入れ、顧客体験に重きを置いた店舗である。連携するアリババは顧客のオンライン上での行動やバーチャル試着の使用履歴により、店舗運営のコンサルティングやプロモーションの打ち方などの課題解決策を提供する。

1. バーチャル試着

買い物体験を重視した店舗には大きなスマホ型のスクリーンが設置されており、全身をスキャンすることでバーチャル試着体験が可能だ。画面上で試着可能な為、実際に試着する際の手間を軽減できる。体型分析をスクリーン上で済ませば、スクリーン上ではなくスマホ上でも自分のアバターに着せて試着を楽しむ事も可能である。

画像1

スマホを大きくした画面が特徴的/Photo by FLY MEDIA

2. フォトジェニックな店舗設計

「Kerr&Kroes天猫智慧門店」では、ショールームのようなディスプレイやインテリアによって、若年層の女性の取り込みを狙っている。全体的な店舗の色合いがピンクとホワイトカラーで統一されていることに加え、フォトスポットやカフェスペースを店内に取り入れるなど、思わず写真が取りたくなるような店舗空間を設計しているといえる。口コミでの情報拡散も狙いのひとつだ。

3. アリババのニューリテールソリューションを提供

アリババとの連携により、店舗に置いてある服の大半が天猫(Tモール)で購入可能だ。店舗内ディスプレイやアプリでバーチャルに試着した服は、ユーザー自身のスキャンやアプリでの操作で購入画面に飛ぶことが出来る。以前ご紹介した「Home Times」の事例のように、店舗周辺に住んでいる潜在顧客の消費行動を分析し、販売に活かすことも可能であろう。また、最終的には、この店舗を店員無しの店舗にする事を天猫智慧門店は目指しているという。

Banner Photo by Unsplash

関連ニュース

加速する 中国の「ニューリテール戦略」とは
https://www.live-commerce.com/ecommerce-blog/china-newretail/#.XZybqUYzZPY


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

OMO Times

OMO(Online Merges with Offline)、ニューリテールの国内外のケース紹介や、考察記事を配信するオンラインメディアです。

アパレル・スポーツ

アパレル・スポーツジャンルの事例をピックアップ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。